人生七転び福笑い✲今日も笑った分だけ成長し

人生、転んで、泣いて、笑って、また、転び・・・。で、怒って、また、笑う・・・。転んでも、失敗をしても、「愛」や「温もり」を感じる事で笑える。笑えば「福」はやって来る。笑った分だけ成長をしている。失敗を笑いの種として、そして、笑いを成長の種として生きている「福ちゃん(私)」の日常を綴っている、ウルウルしたり・・・、笑ったり・・・のブログ。

by

どんな1日であれ 「ベストを尽くしている」と思える事で 「ベストな明日」へ繋がる気がするなぁ

今週も、お猿様は、修学旅行中。

とは言え、もう、明日には、修学旅行からご帰宅・・・。

ふへ~~~。

月曜日は、月に1回の歯科往診だった。

お猿は、診察前に、担当の勤務医に、首回りをマッサージしてもらい、かなり、「ふへぇへぇ」って感じだった。

先月も、同じマッサージから、診察が始まり、お猿は、「ふへぇへぇ」って感じだった。

ハハハ。

綺麗に磨けているって事で、特に異常はなく、終わりに、口腔トレーニングをしてもらった。

口も動くし、歌も歌えますよ~って事で、最後に、お猿は、福ちゃんの音頭で、♬雨雨降れ降れぇぇぇ♬と歌い、歯科医とお局様(衛生士)を喜ばせていた。

で、何故か、歯科医とお局様は、お猿の歌に合わせ手拍子・・・。

お猿様は、歌い終わると、手拍子に、「何が起きたのか?」って感じではあった。

福ちゃんも、「え~ぇぇぇ」「あれあれぇぇぇ」って感じだったけど、まあ、喜んでもらえたし・・・と思った。

診察が終わると、歯科医とお局様は、相合傘でご帰宅・・・。結構、キャッキャと、嬉しそうな2人だったので、それを見て、福ちゃんは、良い意味で、「ふ~~~ん」と思った。

ハハハ。

お猿は、相変わらず、「晴れ、時々、豊田真由子さん」な福ちゃんに、ビクビクしている。デヘ。

脳が壊れる前のお猿は、かなり、雷が苦手だった。何でも、子供の頃、隣のお宅に雷が落ち、その家が燃えた・・・らしい。

それ以来、どんな雷にも、恐怖で、過剰に反応しているお猿だった。

が、脳が壊れたお猿は、雷の恐怖は消え去り、雷よりも、「豊田真由子さん」に変身する福ちゃんの方が怖いらしい・・・と、福ちゃんは、お猿から、そんな事実を発見した。

先日も、福ちゃんは、お猿に、「ねぇねぇ、お猿ぅ」「雷と、福ちゃんと、どっちが怖い?」と聞いてみた。

お猿は、「当然!」って感じで、「福ちゃん!」と一言。

「え~ぇぇぇ」と思った福ちゃんは、突然、「豊田真由子さん」となり、お猿に、「違うだろう!」「福ちゃんではないだろう!」と反論。

再度、福ちゃんが、「じゃあ、世界で、一番怖いの誰?」と聞くと、お猿は、「当然!」って感じで、「福ちゃん!」と答える。

そんなお猿ではあるが、福ちゃんが質問を変え、「じゃあ、世界で一番好きなのは誰?」と聞くと、お猿は、「当然!」って感じで、「福ちゃん!」とも言う。

結局、何かにつけ、お猿は、「福ちゃん」としか言えないって事なんだろうなぁ。ハハハ。

けど、今のお猿は、PEG(胃ろう)のおかげで、口数も増え、お肌もピチピチ。

最近は、夜のオムツ交換を終えた福ちゃんが、お猿に、「終わったぁ!」「本日も、全て、終了しましたぁ!」と叫ぶと、お猿は、「ありがとう」とか、「ご苦労様」とか、お礼を言える様になった。

栄養状態が改善すると、プラス、「調教」をすると、「こんなに改善するのねぇ」って感じ。

と、現時点では、PEGの恩恵だけが目立つ。

もちろん、お猿のPEGのおかげで、福ちゃんの自由時間が増え、行動範囲も広がっている。

昨日は、車で、隣県の歯医者に行ったついでに、友人宅に泊まった。今日は、お昼前に温泉に寄り、帰宅。友人と、かなり楽しい時間を過ごせた。

家に戻ると、遠方に住む別の友人から、「11月に会えないかなぁ」と、お誘いが・・・。

福ちゃんがHawaiiに居る時に知り合った友達で、お猿の脳が壊れてからも、我が家へ2回来てくれた。今回は、11月に、家族旅行で、福ちゃんの地元に来るから、会えないかなぁって事だった。

が、お猿が修学旅行中では無いので、どう考えても、無理だなぁって思い、福ちゃんから、「Plan B」を提案した。

お猿が修学旅行中、お互いの中間地点って感じの有名観光地で待ち合わせ、紅葉を見る!ってプラン。

海外へ出掛けた帰りは、必ず寄る場所だし、学生の頃は、福ちゃんの「遊び場」であった場所なので、「懐かしいなぁ」と感じる場所。

友人も、即答で、賛成!って事になり、当日は、友人の車で、紅葉を見て回るって事にした。

「うわぁぁぁ」「かなり楽しみだなぁ」と、福ちゃんは、今からワクワクしている。えへ。

昨年は、本当に、ドタバタと、福ちゃんは、お猿の事で走り回り、疲れていたが、PEGを機会に、色んな面で、流れがスムースとなり、ヤレヤレヤレヤレって感じ。

人生って、何事も、「折り合い」「バランス」だと思うし・・・。

ドタバタな時間があれば、その分、楽しめる時間もあり・・・。

また、バランスは、日々、「ベストを尽くす」って事で得られる気がするし・・・。

「一生懸命」と、「ベストを尽くす」って事は、似ている様で、違うと思うし・・・。

どんな1日であれ、仮に、何も出来なくても、それでも、「手抜き」と思わず、「それなりに、今の自分のベストを尽くしている・・・」と思える事で、「ベストな明日」へ繋がる気がするし。

福ちゃんは、「手抜き」って言葉は、自分に対して、ネガティブな言葉だと感じるので、あまり使いたくないなぁと思っている。

「ベスト」とは、どんな状況・状態であれ、自分の行いに、自分が納得出来る事であり・・・。

また、結果がどうであれ、「取り合えず、今日出来る事は、やった訳だし・・・」と思える事で、自分の中に、満足感も感じられる訳だし。

最近の福ちゃんは、そんな「ベストな1日が増えているなぁ」と感じている。

感謝!
by

どんな状態となっても 「心穏やかな生活を続けられる」って事が 「介護」の意味なんだろうなぁ

お猿が、PEG(胃ろう)となり、約3か月経過。

本当に、福ちゃんは、自分で言うのもなんだが、迷いや葛藤があったけれど、良い決断をしたなぁと、PEGの恩恵に感謝、感謝な毎日。

周囲からも、お猿が更に元気になり、「本当に、良かったねぇ」と言われる。

が、お猿が元気で長生き・・・は、福ちゃんの本位ではないのかもなぁぁぁと思う。ハハハ。

とは言え、元気である事は、福ちゃんが、お猿を在宅でケアする上で、かなり助かるのは事実。

で、今週も、お猿は、無呼吸で死ぬ事無く、修学旅行から、無事、ご帰宅。先週の修学旅行では、就寝中の無呼吸が発覚し、多少、ザワザワって感じだった。

今日のお猿は、お昼前から、温泉へ。温泉と言っても、施設の入浴サービス利用。今日は、お猿の教え子であるMちゃんが、お猿の入浴介助だとか何とか・・・。

そ~んな巡り合わせに、福ちゃんは、「あ~~~ぁぁぁ」「人生は、持ちつ持たれつで、回っているんだよなぁ」と思える。

昨日のお猿は、施設利用が無く、休日で、通常通り、「1日中、我が家で、福ちゃんと一緒!」だった。

な~んとなく、意識がアップって感じのお猿は、福ちゃんの問い掛けに、お猿にしては、ハキハキと答えていた。

福ちゃんが、「ねぇねぇ、お猿ぅ」「修学旅行では、お友達が出来た?」と聞くと、お猿は、「出来た!」と言う。

なので、福ちゃんが、「お猿は、お友達からは、何て呼ばれているの?」と聞くと、お猿は、「福ちゃん!」と答える。

と、そこで、福ちゃんは、「当然!」って感じで、突然、「豊田真由子さん」となり、「違うだろう!」「お前は、お猿だろう!」「福ちゃんな訳、無いだろう!」と、お猿を叱ると、お猿は、無言・・・。

その後も、同様な事件は続き・・・。

夜、お猿は、お猿の好きなバレーボールの試合をTVで観ていた。昨夜は、日本とブラジルの女子チームの試合だった。

TVを観ない福ちゃんは、その間、自由時間となり、別室で、の~んびり過ごしている。で、たま~に、お猿の部屋へ様子を見に行く。

昨夜も、お猿の部屋へ様子伺いに行き、お猿に、「お猿、どっちが勝っている?」と聞くと、お猿は、「岡山!」とか何とか・・・。

岡山は、実業団の強いチームがあるので、お猿にとっては、「日本って事か・・・」と思った。

で、30分後に、再度、福ちゃんは、お猿に同じ質問をすると、お猿は、福ちゃんの地元の市を言う。

なので、福ちゃんは、お猿に、「え?」「今、ブラジルの方々が、ここに来て、バレーボールの試合をしているのか?」と聞くと、お猿は、またまた、無言・・・。

そこで、福ちゃんは、これまた、「当然!」って感じで、突然、「豊田真由子さん」となり、「違うだろう!」「お前は、馬鹿なんだから!」「日本とブラジルの試合だろう!」と、お猿を叱り、お猿は、更に、無言・・・。

と、相変わらず、PEGとなっても、福ちゃんに叱られてばかりのお猿だが、それでも、我が家での生活が良いらしい。

施設へ行く朝は、お迎えの時間が近づくと、顔が下向き・・・。

そんなお猿に、福ちゃんは、今朝、「今日は、お風呂だけで、帰宅だから!」「家に戻りたいの?」「戻りたくないの?」と聞くと、お猿は、「戻りたいでしゅ!」「戻りましゅ!」と、力強く言っていた。

やっぱ、泊まりは嫌なんだろうなぁと感じるが、最低週2日は、修学旅行に行って、泊まってもらわないと、福ちゃんの「豊田真由子さん」状態が増え、更には、「日野皓正さん」の登場となってしまうからさぁ。ドラムを叩かなくても、必然、お猿様は、福ちゃんに、叩かれる・・・って事になりかねないし。ハハハ。

で、今朝、施設からのお迎えの人が、「この前は、夜中も、大声で騒ぐ利用者さんが居たので・・・」「(お猿が)寝れないと言われて・・・」と、お猿の様子を教えてくれた。

修学旅行は個室とは言え、防音は無いので(と思われる)、仕方無いべ・・・と思う福ちゃん。プラス、お猿は、そもそも、寝たきりの類に入り、いつでも寝れる身分な訳だしさぁ。

とは言え、福ちゃんが、自分の身に置き換えれば、TVも、音楽も許可されない、って深夜に、大声で喚かれ、眠れない・・・ってのは、たまらないなぁとは思う。

さすがの「豊田真由子さん(この場合、福ちゃん)」も、夜中には、お猿を叱らないし、むしろ、お猿が寝れる様に、お猿をなだめたり、気を遣ったり・・・と、福ちゃんらしくないなぁと思いつつ、努める訳だし。へへへ。

まあ、お猿を気遣って・・・と言うより、福ちゃんが、さっさと、眠りたいから・・・って気持ちは強いけど。アハハハハ。

と、今朝、施設でのエピソードを聞き、福ちゃんは、「あ~~~ぁぁぁ」「やっぱ、そうだよなぁぁぁ」と思った。

修学旅行の様に、超短期であれば、お猿を施設に預けても良いかなぁと思うが、長期預けるのは、福ちゃんには、無理だなぁ。

特に、寝たきりの類に入れられると、寝かされたまま・・・であるし・・・。

PEGとなれば、口からの食事は、無いものとされるし・・・。

プラス、個室であっても、薄い壁で区切られているだけだし・・・。

お猿は、自分から、何かを言うって能力が無いので、聞かれるまで、ずっと、我慢するしかないしさぁ。

もしかして、そんなストレスも、頭皮の痒みや、抜け毛に繋がっているのかも知れないし。

それだって、福ちゃんが、お猿を在宅でケアしているから、日々の生活の中で気付ける事であり、施設に入れられたままであれば、「そんなものでしょ・・・」で片付けられるのだろうなぁ。

ふへ。

お猿の痒みに対し、木曜日の夜に、皮膚科の往診を受け、お猿は、諸々の処方をもらった。

皮膚科の主治医は、おっとりな女性医師なんだけれど、処方も、きちんと出してくれるし、何より、往診をお願い出来るので、福ちゃんは、本当に助かる。。

今回で皮膚科の往診は2回目だが、今回は、お猿の診察を終え、帰り際に、玄関で、福ちゃんが描いた絵を見て、「もしかして、美術系の人?」と質問された。

福ちゃんは、「??」と思ったが、お猿の部屋の装飾や、玄関先の諸々を見て、どうも、福ちゃんのクリエイティブな面がバレてしまったらしい・・・。ハハハ。半分、冗談。

でも、福ちゃんは、お猿のケアを通し、介護って、ケアをする側のクリエイティブな面も重要だなぁと感じる事は多い。

ケアをする上で、「こんなのあったらなぁ」と思うグッズを、自分の創意工夫で、必要に応じ、作り出せるアイディアや器用さは、「とても必要だなぁ」と、日々、感じるし・・・。

日本は、お金で、何でも揃う、便利な社会であるけれど、それに頼らず、自ら、必要な物を改良したり、作り出したり・・・。

福ちゃんは、お猿のケアをしながら、お猿との生活で、お猿に必要な物を見つけたり、それに合わせ、自分の発想、思い付き、創作、などなどの力を使い、実践に移して行くって感じの「プロセス」が楽しいなぁと思っている。

オムツ交換も、食事の介助も、ベッド上のポジショニングも、全て、ケアをする側や、ケアをされる側のニーズに合わせ、創意工夫が出来る事が、介護の醍醐味でもあるよなぁとも思っている。

要は、介護って、世話をするって意味ではなく、「供に生活をする」って事な訳だし。

人間が、どんな状態となっても、「心穏やかな生活を続けられる」って事が、介護でもあると思うしね。

そんな実践が、試行錯誤ではあるが、我が家の介護って気がしている。

多面的に、色々な事を試行錯誤しながら、実践し、結果、ケアをする側にとっても、ケアをされる側にとっても、心穏やかな時間を過ごせる・・・。

物質的な充実は必要だとは思うけれど、でも、それよりも大切なのは、内面の充実だと思うし。

介護とは、内面の充実があって、初めて、心穏やかな生活が可能となるのだろうなぁ。

と、皮膚科の往診後、妙に、そんな事を感じ、介護の意味を、自分なりに、再度確認していた福ちゃんだった。
by

お猿にドラムを叩かせ 「日野皓正さん」の登場を待っているけどなぁぁぁ

さてさて、時代の流れは、かなり急激で・・・。

福ちゃんも、「TVを観ないとは言え・・・」「時代の流れに、乗り遅れてはいけません!」って事で、これまでの「豊田真由子さん」から、すっかり、「日野皓正さん」へ移行。

つまり・・・、お箸も握れないお猿に、ドラムのスティックを持たせ(嘘)、「お猿ぅぅぅ!」「打ち鳴らせ!」「もっと、激しく!」「手を使って、打ってみろ!」「そしたら、日野皓正さんが、殴ってくれるから!」なモードとなった。

アハハハハハハ。

福ちゃんが、お猿の介助で、お猿の部屋へ行くと、決まって、TVからは、日野皓正さんのニュースが聞こえている。

「暴力も、時には、必要です!」って、TVからの言葉に、福ちゃんも、「そうそう!」と頷く。

そして、お猿を見つめ、「お猿ぅぅぅ」「暴力も必要だってさぁ」と、話し掛けるが、お猿は、無言・・・。

そ~んな、お猿は、最近、どうも、修学旅行に行きたくないのか、お迎えが来ると、顔が下向き。

修学旅行の前日も、「行きません!」とかなんとか、お猿なりに、抗議しているが、福ちゃんは、そんな言葉を掻き消すかの如く、大声で、「行きます!」「行きます!」「行きま~~~~す!」と連呼。

この場合、まだ、可愛らしく、「豊田真由子さ~ん」登場って感じではある。

で、そこでも、お猿は、無言・・・。

そして、頭を掻きむしり、大量の髪の毛をベッドと床にまき散らし、福ちゃんに嫌がらせ。

と、最近のお猿は、抜け毛も凄い。

先日も、夜中にお猿を見たら、激しく、爪を立てて、頭を掻きむしっていた。

急いで、防御策を考え、で、お猿に綿の手袋をはめ、夜をしのいではいるが、まだ、暑いし、それはそれで気になる。仕方がないので、明日の夜は、皮膚科の往診をお願いしている。明日は、お猿様が、修学旅行からご帰宅予定ではあるが、帰宅早々、内科の往診と皮膚科の往診が待っている。

ふへ。

多分、お猿の抜け毛は、ストレスが原因なんだろうなぁって気はしているが、でも、言わせてもらえば、お猿よりも、福ちゃんの方がストレスさぁとも思う。

は~~~~あぁぁぁ。

で、明日から、また、お猿との1週間が始まる!って事で、今日の福ちゃんは、知り合いの家に出掛け、福ちゃんの本業で、盛り上がった。

元々、スーパーサイキックな福ちゃんは、Psychic Readings(サイキック・リーディング)は、楽しいし、比較的、容易な事ではある。

でも、Mediumship(ミディアムシップ)は、ある意味、別物なので、かなり、普段からのトレーニングが必要。

で、最近、気付いたけれど、どうも、お猿のケアを理由に、と言うか、言い訳にし、Mediumshipに励む事がなくなっていたなぁと思った。

なので、大慌て!で、Mediumshipの鍛錬と言うのか、努力と言うのか、トレーニングを再開した。

今日は、知り合いの家に行き、あ~だ、こ~だと言いながら、トレーニングに付き合ってもらった。

当然!って感じではあるが、知り合いのお父さんとお母さんが登場し、Psychic Readingではなく、Mediumshipとして、メッセージを伝えられた。

先ず、お父さんの名前は知っているので、「誕生日を教えてくれ!」とお願いした。そしたら、突然、「あ~~~ぁぁぁ」「クリスマスだぁ」と感じた。やはり、お父さんの誕生日はクリスマスだった。

その後、福ちゃんは、ソファーに座って、無意識に、絶えず、手指を動かす自分に気付き、「ねぇねぇ」「お父さんって、こんなジェスチャーしてた?」と聞いたら、知り合いは、「そこは、父親がいつも座っていた場所だし・・・」「絶えず、手を動かしていたから・・・」って返事。

他にも、フライパンを使って、卵料理をするお母さんを感じ、気付けば、福ちゃんの手は、フライパンを揺さぶる動作となっていた。

と、そんなEvidence(エビデンス)で、福ちゃんと知り合いは、大笑いとなり・・・。

プラス、福ちゃん自身も、霊って人(この場合、知り合いのお父さんとお母さん)のエネルギーを体感出来たので、Mediumshipとなっているであろう・・・と感じた。

Psychic Readinsgの時は、「霊との一体感」を感じられないので、Mediumshipとは言えないし。

で、Evidenceが出揃ったところで、知り合いに、メッセージを伝え、かなり盛り上がった。

気付けば、夜の7時となり・・・、かなり、長時間、諸々の話題で、楽しいお茶べり会であった。

また、明日から、次の修学旅行までの1週間、お猿のケアで、「現実」に戻る事にはなるが、「メリハリ!」って意味で、お猿の修学旅行中に、福ちゃんの本業に関する時間を挟むって事は、福ちゃんが、自分の人生を楽しめる為に、「とても大切な時間だなぁ」と感じている。

来週は、どんな霊って人に出会えるのか、楽しみでもあるなぁぁぁ。

へへへ。
by

「失敗は成功のもと!」なMediumship(ミディアムシップ)だったなぁ

このブログは、下記のリンクへ移動しました。

Link ➡ 「失敗は成功のもと!」なMediumship(ミディアムシップ)だったなぁ
by

親の介護とは 親が子供のペットになる・・・って事かも?

最近の福ちゃんは、少しずつ、以前の生活にバックしている。良い意味で。

今朝は、知り合いのKちゃんが、突然、我が家にやって来て・・・。

部屋の窓から、寝ている福ちゃんに、「起きろぉぉぉ」「豊田真由子!」「そこで、寝ているのは、分かっているぞ!」と、警察官の様な勢いで、福ちゃんを起こした。

最初は、「誰だ?!」と思った福ちゃんだが、声は、Kちゃんだったので、「あ~~~ぁぁぁ」って感じで、玄関へ行き、Kちゃんを家に入れた。

Kちゃんからの話で、今から、昔からの知り合い達と、お茶べりで盛り上がる!って行事がある・・・と判明。

なので、福ちゃんにとっては、超久々に会う大物達だったので、Kちゃんと一緒に合流する旨を伝え、急いで、歯磨き、顔洗い、ヨーグルトを食べ、お茶を飲み・・・と、朝の一通りを済ませ、出掛ける支度をし、Kちゃんと、お茶べり会に向かった。

総勢4名でのお茶べり会は、昔と変わらないなぁと感じられる知り合いの家で、盛大に行われた。な~んて・・・。

介護の話をつまみに、お昼ご飯を食べ食べ、「え~~~ぇぇぇ」「そうなんだぁ」「ふむ・・・」「アハハハハ」と、様々な角度から、かなり盛り上がった。

皆、家族の誰かを介護している現状なので、各々の介護自慢で炸裂。

福ちゃんの「豊田真由子さん」介護も、笑いのネタとなっていた。

食事の前に、Kちゃんに、髪の毛をカットしてもらったり、食事の後、温泉に行ったりと、とても楽しい時間だった。

福ちゃんは、温泉に行くのも久しぶり。お猿の脳が壊れてから、初めて。猛暑から、気温も下がり、温泉に入っても、気持ち良いなぁと思えた。

温泉では、約2年少しのお猿の介護でたまった「垢」を落とし、ハハハ、多少、体を軽くして、ご帰宅。

お猿は、明日の夕方、修学旅行から帰宅予定なので、まだまだ、福ちゃんには、自由が与えられている。

今日は、知り合い宅で、これまた、超久々に、以前、福ちゃんが英語を教えていた息子さんにも会い、お昼ご飯を一緒に食べた。

彼の近況を知り、「あ~~~ぁぁぁ」「ユニークな人生を歩んでいるんだなぁぁぁ」と思うと、同じ様に、ユニークな人生を歩んでいる福ちゃんは、な~んとなく、嬉しいなぁと思えた。

と言うか、「負けられないなぁ!」な~んて、思ったりもした。嘘。

お猿がPEG(胃ろう)となり、で、毎週、修学旅行に行く様になり、福ちゃんは、自分の楽しみの時間が増えた。知り合いに会う時間も増えたし、本業を提供する時間も増えたし。

かなり迷ったけれど、でも、色んな意味で、お猿のPEGは、必要な決断だったんだろうなぁと思える。

何より、福ちゃんが、「豊田真由子さん」に変身する回数が激減した。

プラス、「豊田真由子さん」になっても、胸のピコピコタイマーが、3分を知らせる前に、福ちゃんに戻るし。

アハハハハ。

とは言え、福ちゃんに戻っても、お猿は、「福ちゃん・・・」「怖い・・・」と怯えてはいるけれど。

PEG後のそんな変化は、本当に、お猿のケアをする上で、有難いなぁと感じる。

今日も、温泉に浸かりながら、しみじみと、「やっぱ、今の介護の時間は、必要な時間だと思えるなぁ」って話になった。「今の時間が無ければ、多分、私の人生は無い気がするし・・・」「私らしい人生とも言えないだろうし・・・」「プラス、今って、本当に、許しとか、人生の諸々を学べている、貴重な時間だと思えて・・・」と、福ちゃんは、仲間に話していた。

福ちゃんは、親を親だと思っていれば、多分、親の介護って、難しいのだろうなぁと思う。

親であった、過去を清算し、新たに、ペットとして、親と戯れる。そ~んな時間が、福ちゃんの介護だにゃあ。お猿は、既に、福ちゃんのペット状態だし。

お猿の脳が壊れるまでは、親がペット・・・な~んて、思いもしなかったが、今の状態では、「あ~ぁぁぁ」「親って、ペットになるんだぁ」と思える。

これからの親子の関係は、最終的には、親がペット化し、子供とペットな関係になるのかも知れないなぁ。

ハハハ。

まあ、どうでも良い内容だけれど、でも、そ~んなくだらない事を考え、笑えた1日だった。

感謝!