by

我が家のお猿(母)の在宅医療が本格的に始まり、福ちゃんが思うのは、在宅医療費ってかなり高額だなぁって事。

普通の往診とは違うので、施設みたいに、何とか管理費とか、何とか費とか、色んな項目で、諸々を請求される。

ふむ・・・。

まあ、その分、外来での受診は要求されないので、交通費等を考えると、助かると言えば助かる。

で、昨日、福ちゃんは、新しい主治医の医院へ出向き、お猿の今後の服薬の説明を受けた。

「お猿のどうにもならなかった主治医」と交代し、かなり、処方も変わった。

排便も、普通便と変化し、福ちゃんは、ヤレヤレ・・・。

やっぱ、1日に2回の大量の下痢は、在宅介護をする上で、かなり困るし・・・。

新しい主治医は、下痢だと、尿路感染が心配だから・・・って事で、固めでも、摘便や浣腸で出す方が良いと思うってコメントだった。

これまでの「お猿のどうにもならない主治医」は、「脱水で、点滴をしながらでも、下痢でも、毎日出す」なんて、平気で言っていた。

まあ、そんな処方に、福ちゃんは、激怒した訳だけれど・・・。

そんなアホな医者とは違い、新しい主治医は、福ちゃんの懸念を聞いて、アドバイスをくれる。

PEG(胃ろう)の栄養剤も、半固形に変えてもらった。

これが、めっちゃ、便利!

これまでは、リキッドで、1食分に2時間位必要だったけれど、半固形は、な~んと10分で終わる。うへ。

下痢防止にもなるし、やはり、半固形だと助かるなぁと感じている。

お猿の凄いのは、今回の血液検査でも、何も異常が無い・・・って事。

新しい主治医も、お猿の血液検査の結果を見て、昨日、「う~ん・・・」「何も異常無いなぁぁぁ」と、多少、残念・・・って感じであった。嘘。

確かに、お猿は、心原性脳梗塞のせいで、心臓はダメージだし、脳も壊れているけれど、内臓の機能は、全く正常・・・。

ある意味、お猿様は、お猿と言うより、「仙人!」の様な体・・・とも言える。

アハハハハハハハ。

仙人化したお猿様が、このまま、健康で長生きをされるのは、福ちゃんにとっては、「かなり痛い!」と感じるけれど、でも、今の調子だと、朝起きた時に、「あれ?」「お猿?」「死んでる?」って感じの看取りも有り得るなぁぁぁな期待。

ハハハ。

やはり、お猿様の健康は、福ちゃんの献身的な介護のおかげだよなぁぁぁな~んて、自分で自画自賛。

プラス、福ちゃんの本業である「Healing(ヒーリング)」も、定期的に、いや、気が向くと、お猿に送ってるし。

歯のコンクール入賞を目標に生きていたお猿だが、その目標を達成した今、新たな目標は、長寿でギネス登録!かも知れないなぁ。

う~ん・・・。

お猿がギネス登録となる前に、福ちゃんは、さっさと、ご逝去させてもらうけれど・・・。

でも、そんなに長生きされると、結果として、福ちゃんの旦那さんも見つからない・・・って事になるのだろうか・・・。

それだけは、避けたいなぁと思う福ちゃんだなぁ。
福ちゃん
Posted by福ちゃん