by

今週も、お猿が修学旅行へ行った途端、涼しくなった。

2日前の夜中から、突然、大雨が降り、昨日も、凄い雨だった。

そして、昨夜から、とても涼しい。

今日は、な~んとなく、Hawaiiに居る様な、過ごしやすい、爽やかな夏!って感じの暖かさだった。

昨日の福ちゃんは、とにかく、眠くて、我慢出来ない位、眠くて、お猿が修学旅行に行ったし・・・って事で、夕方の3時過ぎから眠りに・・・。

実際には、歯の治療で、他県に行かねばならず、お猿を送り出してから、大雨の中、車を走らせた。

が、行けば行く程、豪雨となり、結局、20分位ドライブをした時点で、治療をキャンセルと決め、引き返した。

家に戻り、昼ご飯を食べ、そのまま、ず~っと、眠っていた。

起きたら、今朝の10時だったぁ。

何故か、お猿は、福ちゃんの夢の中で、「Poquito telefono!」な~んて、スペイン語もどきで喋っていた。

アハハハハハハハ。

お猿の居ない時間は、本当に、自由を満喫出来るなぁ。

眠りは、Healing(ヒーリング)だから・・・。

20時間近く眠ったのは、お猿の介護が始まり、初めてだなぁ。

と、まあ、相変わらず、諸々があっても、お猿の介護も「山場」を超え、後は、お猿のご臨終を待つだけ・・・って感じだなぁ。

アハハハハハハ。

今日の午後は、明日、お猿が、修学旅行から戻るので、それに備え、お猿様グッズを買いに、ドラッグストアへ行った。

エアコンルームで、ウンチ君を処理すると、臭いがこもる。なので、エアフレッシュナーを買いにいった。

福ちゃんは、最近、気に入った香を見つけた。我が家の、全室を、その香りで統一している。なので、お猿のウンチ君用も、おなじ香で統一。

ウンチ君の香だけではなく、いっそ、お猿も一緒に消えないかなぁと思ったりもする。うへ。

で、ドラッグストアで、知り合いの店員さんと話していたら、「介護疲れのお客さんがいるから、話して上げて」と言われた。

「え~ぇぇぇ」「嫌だぁ!」と言ったが、何故か、数分後、そのお客さんが登場。

福ちゃんは、仕方ないから、「ふん」「ふむ」「分かるなぁ」と、適当に相槌で、話を右から左へ、そして、左から右へ・・・の繰り返し。

基本的には、他人の介護話て、積極的には聞きたくないんだよねぇ。

所詮、愚痴でしかないし・・・。

福ちゃんは、介護している人には、極力、自分の介護話はしないから・・・。

何故なら、所詮、愚痴だし・・・。

同じ類の愚痴を、お互いが話していても、何一つ、良いエネルギーだとは感じないから。

笑える介護話なら、楽し過ぎて、いつまでも終わらないけれど・・・。

福ちゃんも、今振り返れば、介護開始から1年間って時期は、「何がなんだか・・・」って事もあり、毎日が、イライラのマックスであり、プラス、常に、「爆発寸前!」だと言っても過言ではない!って状態なんだろうなぁと思う。

今日話した人も、そんな感じの人だった。

つまり、「豊田真由子」状態。

で、思ったけど、この日本社会には、「豊田真由子」状態な女性が、何億人といるんだろうなぁ。

職場でイライラ、育児でイライラ、介護でイライラ。

と言っても、身勝手にイライラしている訳ではなく、思いやりに欠けた社会や、理解力の無い職場環境や、「お前がやって当然!」って感じの周囲の態度や、相手の身勝手さに対するイライラ。

そんな「豊田真由子」状態の女性たちの気持ちは理解出来るなぁと思う福ちゃん。

言っても、介護での「豊田真由子」状態の時期は、それはそれで、楽しめるし・・・、貴重な時期だし・・・と思うけど。

福ちゃん自身は、「介護の乱!」以来、色々な面で改善し、現在は、以前よりもかなり心穏やかに、の~んびりと過ごしている。

特に、考える事や、決断する事も無く・・・。プラス、相変わらず、心配事ってのも無く・・・。毎日が、Meditation(メディテーション)状態と言っても過言ではないなぁ。

介護での「毎日が豊田真由子!」って時期を終え、今の福ちゃんは、ベッドでゴロゴロしたり、肉が離れる位のストレッチをしてみたり・・・、ハハハ、と、日々、楽しめている気はする。

また、E-booksで読書をする内面の余裕と、時間も増え、「ふ~ん」「へぇ」「そうなんだぁ」「ワハハハハハ」と、色んな事を感じながら、本を楽しんでいる。

結局、人間は、いかなる時も、「笑える力」なる物が備わっていて、どうにか前へ進めているのだろうなぁって気がする。

「どうにもならない!」「絶体絶命!」って時も、視点を変えたり、見方を変えれば、張り詰めた気持ちも、「シュ~~~~」っと力が抜ける気がする。パンパンになった風船の空気が、自然に抜ける様に・・・。

福ちゃんは、個人的に思うけれど、介護の辛さは、介護者として、直接、身体的な介護をする事よりも、行政や、制度、医療との板挟みであったり、動いてくれないケアマネや、施設との不協和音であったり、と、そんな点にある気がする。

高齢になれば、何等かの障害を持つのは当然。

何故なら、障害は社会が作る物であり・・・。社会の基準から外れれば、「障害」となる訳だから。

障害を持つ事や、高齢となる事が、とても否定的に思われている社会で、一般的に、喜びや感謝を感じるのは難しい事なのかも知れないけれど・・・。

でも、そうであっても、個人的には、何か笑える事はあるはずだし・・・。

人間として生きてれば、笑える事もあれば、笑えない事もあり・・・。

介護も、その中の一つ!に過ぎないと思うけど・・・。

今日は、ドラッグストアで、介護の愚痴を聞き、「あ~ぁぁぁ」「気持ちは分かるなぁぁぁ」と感じ、全国の「豊田真由子」状態の女性を思った。

そして、「世の『豊田真由子』たち(福ちゃんを含め)が、辛い中でも、少しでも、笑える様に・・・」と思った福ちゃんだったぁ。

「笑い」は、Healingだしね!
福ちゃん
Posted by福ちゃん