by

♪LaLaLaaaaaaalalala♪

な~んて、そんな気分なのか、どうなのか、よく分からないが、一応、♪で歌ってみたぞ。

お猿は、昨日、お土産(洗濯物)大量をキャリーバックに入れ、修学旅行から帰宅した。

今回も、何事も無く・・・って感じではあった。

昨日の送りは、お猿の教え子(Mちゃん)だった。

なので、我が家に「当時」の「集合写真」があったので、さっそく、Mちゃんに見せた。

Mちゃんは、「あ~ぁぁぁ」「懐かしい~ぃ!」と言っていた。

プラス、「多分、この写真って、我が家にもあるはず・・・」とも言っていた。

お猿も、Mちゃんも、当時は、違う地域で生活をしていたので、その2人が、現在の地域で、しかも、高齢者施設で再会!って言うのは、いくら、世間は狭いと言えども、かなりの確率だよなぁと、福ちゃんは、感慨深い。

と言うか、どう考えても、かなりの偶然だと感じられる。

初めてのお猿の修学旅行で、足りない物があり、福ちゃんが施設に届け、で、Mちゃんが登場し、偶然、福ちゃんとの会話の流れで、Mちゃんは、お猿の教え子であろう・・・と発覚した。

その時に、Mちゃんと個人的な話にならなければ、今も、Mちゃんがお猿の教え子だったとは分かっていない・・・と思われるし。

なので、どう考えても、お猿は、Mちゃんと、出会う定めだったのかもなぁと思ったり・・・。

福ちゃんは、その日、家に戻り、お猿のアルバムを引っ張り出した。

で、Mちゃんがお猿のお世話になっていた(はず)当時の「集合写真」を見つけた。

昨日、それをMちゃんに見せ、確認してもらった。

幼児期に世話になった先生(この場合、お猿)を、大人になって、今度は、幼児だった子供(この場合、Mちゃん)が、当時の先生のケアをする・・・ってのは、ある意味、とても素敵な事だなぁって感じる福ちゃんなんだけれど・・・。

世話をさせられるMちゃんにしたら、「有難迷惑」とも言えるのだろうけれど。アハハハハ。

当時は、お猿が、Mちゃんのオムツ交換をしていたであろう・・・なので、今後は、その分、施設で、Mちゃんから、お猿に、お返ししてもらいましょう!って感じだなぁ。

ついでに、お遊戯や、お歌も教えてもらいましょう!って感じでもある。

ハハハ。

世間は、狭いけれど、でも、福ちゃんは、それとは違う、「何か」を感じるなぁ。

Mちゃんは、偶然、福ちゃんの知り合いとも親しい訳だし。

世の中、結局、「持ちつ持たれつ」なんだよなぁと、福ちゃんは、今回の出来事に、つくづく感じている。

それって、きっと、お猿と福ちゃんにも当てはまる事なんだろうなぁ。

お猿に育てられた福ちゃんは、今、お猿に、「ウリャァァァ!」なお返しをする番・・・。

オホホホホホ。

で、お猿は、さっきまで、車椅子に座り、福ちゃんのPCの隣に設置され、ずっと、YouTubeにアップされた演歌歌手のコンサートを聞いていた。

福ちゃんが、手マイク(握りこぶし)を向けると、お猿は、YouTubeに合わせ、口ずさんでいた。

この数日、これまでの「ビニールハウス!」って感じの暑さから、多少、「爽やか!」って感じの暑さへ変わり、福ちゃんは、相変わらず、エアコンなんて必要ないけどなぁな状態。

とは言え、エアコン無しだと、室温は、32度。

ふへ。

お猿が干乾びると、福ちゃんが、「動物虐待!」で、逮捕されるので、お猿様は、エアコンルームへ移動し、TVを観ながら、くつろいでいる。

今日も、お猿は、羊羹やバナナを食べ、満足していた。

が、お猿は、家では、何を食べても良いのだけれど、施設では、主治医から許可が無いって事で、何も口から入れてもらえない。

なので、お猿が修学旅行から戻ると、唇がカピカピ。

やはり、福ちゃんは、口からの食事の大切さを感じるなぁ。PEG(胃ろう)であれ、口から食べれるのだから、積極的に・・・とは思う。

そもそも、お猿は、誤嚥防止でPEGにした訳ではなく・・・。

福ちゃん以外の人からの食事拒否が強かったり、それに伴い、脱水状態となるし、その分、福ちゃんの食事介助の負担が大きくなるので、その回避策として、PEGを決めた。

が、な~んとなく、全体的に、そんな福ちゃんの思いは、施設にも、新しい主治医にも、何も伝わっていない・・・って気はする。

結局、施設なんて、そんなものなんだろうなぁとは思う。

PEGがあれば、口からの食事なんて、時間のロス!って感じであり。

それを思うと、やはり、施設入居なんて、考えられないし、修学旅行も、最小限・・・とも思うし。

いつも思うが、日本の社会で、寝たきりとなった高齢者が生きる事は、一般的に、「物」扱いなんだろうなぁ。人ではなく・・・と感じる事が多い。

今の日本の社会で、自分の家で生活が出来ない・・・って事は、結局、そんな事なんだろうなぁとも思うし・・・。 

と、まあ、福ちゃんがいつも感じるのは、機能していない介護保険制度なんて、要らないでしょ・・・って事だなぁ。

そうすれば、もう少し、マシな介護サービスの提供が可能となるのかも・・・・と思うから。

ある意味、高齢者を「隔離」しなくても良くなるのかも知れないし・・・。

また、現在の介護サービスとは、全く異なった発想の「サービス」な~んて物が出現するのかも知れないし・・・。

基本は、高齢だから・・・って理由で、いや、言い訳で、高齢者を隔離しない方向で、社会の意識やサービスが動けば良いのになぁと思う。

人生の「持ちつ持たれつ」な関係が活かされ、支え合える社会になれば・・・と。

お猿とMちゃんの再会から、そんな事を感じている福ちゃんだ。
福ちゃん
Posted by福ちゃん