by

今日は、諸々で、「Productive」な1日だった。

本日のお猿は、施設利用が無く、1日中、我が家で福ちゃんと一緒・・・。

今日のお猿は、比較的、口数が多かった。

お昼前に、お隣の娘さん(Yさん)が、突然、我が家に来てくれた。Yさんの自宅は遠方なので、介護が必要なお母さんを引き取り、自宅のある遠方で、施設を利用し、生活をしている。

以前は、Yさんと、全く、話す事がなかったが、お猿の脳が壊れてから、突然、親しくなり、今もメールで連絡し合っている。

今回は、親戚のおじさんが亡くなったので、急遽、戻ったと言っていた。

我が家に上がってもらい、お猿の部屋で、お猿を交え、福ちゃんとYさんでお喋り・・・となった。

PEG(胃ろう)となってから、お猿は、皆に、「え~~~ぇぇぇ」「凄く、元気そうになったねぇぇぇ」と驚かれる。

実際、「脳が壊れている!」って事実以外は、元気なんだけれど・・・。

ハハハ。

で、今日も、1年振りって感じで、Yさんはお猿に会い、「うわぁぁぁ」「元気そう!」と驚いていた。

Yさんから、ケーキをもらい、午後、お茶の時間に、お猿に食べさせた。

その後、お猿の利用している施設から、訪問看護師が、月一度のお猿様チェックにやって来た。

今日の看護師さんは、ペットアレルギーの看護師さんではないので、アハハハハ、お猿と戯れてご帰宅。

福ちゃんも、お猿の芸を色々とご披露し、看護師さんは、かなり喜んでいた。

お猿は、我が家のマイク(ベッドのリモコン)に向かい、お猿の得意な歌、♬雨雨降れ降れ、もっと降れぇぇぇ♬で、看護師さんに芸を披露していた。

看護師さんは、お猿の事を、「癒されるから・・・」「施設では人気者ですよ」と言っていた。

「ふ~ん・・・」と思った福ちゃんは、「でも、私は、癒されないけど・・・」と一言。

今日は、福ちゃんと看護師さんで、先日からの福ちゃんの訴えである、「修学旅行中に、一口で良いから、口から、食べさせて欲しい」って事に関し、話し合いが行われた。

直接、お猿が食べている物を見てもらい、また、どんな状態で食べているのかとか、詳細を伝え、前向きに検討しますって返事だった。

看護師さんは、今から、お猿の主治医に会い、口からの食事に関して、話しを伺ってみますとも言ってくれた。プラス、STも一緒に、お猿の主治医から、話しを聞くからとの事だった。

今日の印象では、かなりしっかりした看護師さんだと感じられ、福ちゃんは、お猿の諸々を、お任せしたいなぁと思った。

まじ、一口で十分なんだよねぇ。それでも、全く、何も口から食べないってのとは、大違いだから。

とは言え、食事って言うよりも、明らかに、「餌」をやっている・・・状態なんだけれど。

この前も、コンニャク君(お猿の身内で、福ちゃん以外の子供)が我が家に来た時に、福ちゃんは、コンニャク君に、お猿の食べているクラッカーを渡し、「ほら、食わせて見ろ!」と言った。

コンニャク君が、お猿の口に、クラッカーを近付けると、お猿は、口を開け、「パク!」と、クラッカーに食らいついた。

その光景に、コンニャク君は、「まじ、餌だなぁぁぁ」と喜んでいた。

公園の鹿に、鹿せんべいを与えている・・・って感覚に近いなぁ。

で、その後、コンニャク君が、「こんなクラッカー、美味いのか?」と聞くから、福ちゃんは、「喰ってみろ!」と、コンニャク君の口にクラッカーを近付けると、コンニャク君は、お猿と同じく、「パク!」と、クラッカーに食らいついた。

「あ~ぁぁぁ」「どっちも、猿だなぁぁぁ」と思った福ちゃんだった。

クラッカーを食べながら、コンニャク君は、「思ったよりも、旨いなぁ」と言っていた。

福ちゃんは、「今のお猿があるのは、このクラッカーのおかげだから・・・」「お猿が死んだら、クラッカーの会社にお礼に行こうかなぁな~んて思っている」と、コンニャク君に言うと、コンニャク君からは、「一日も早く、そんな日が来る事を願うなぁ」って返事。

アハハハハ。

福ちゃんは、「やっぱ、姉弟猿だなぁぁぁ」と思った。

子供猿の期待を裏切り、お猿は、PEGのおかげで、増々、元気になり、今年の超猛暑も、何事も無く、「ふえ~~~いぃぃぃ」って感じで、乗り越えてしまった。

は~~~~ぁぁぁ。

今日も、お猿は、訪問看護師さんに、「100歳まで、生きます!」と言っていた。

その頃には、福ちゃんは、遥か彼方(あの世)で、お猿から解放され、楽しく笑っている・・・と思われる。

ハハハ。
福ちゃん
Posted by福ちゃん