by

これまで、TVの情報から、「豊田真由子さん」になったり、「日馬富士さん」になったり、と、頑張っている福ちゃんだが、今回は、「ふへぇぇぇ」「無理だっぺ!」と思った。

そう・・・。

「介護に疲れ、不倫したぁ」って内容の「小室さん」にはなれないなぁ。

介護に疲れ、不倫する前に、先ず、結婚しなきゃぁって。

ふえぇぇぇ。

しかも、不倫で、「引退!」なら、福ちゃんも、不倫して、お猿の介護から引退したいなぁぁぁ。

な~んて・・・。

でも、そうは言っても、「介護に疲れたから、不倫するってのは、どうなんだ?」って気持ちにはなるけれど。

正直、真剣に介護してたら、不倫もそうなんだろうけれど、ドキドキ、ウキウキ、ワクワクな、恋愛すら、する気にならない。

物理的にも、内面でも、「そんな余裕、ないしさぁぁぁ」が、福ちゃんの本音。

プラス、疲れる程介護してれば、疲れている訳だから、恋愛する気持ちになんて、なれないって思うけど・・・。

って事は、「介護に疲れて不倫」の「小室さん」は、介護に疲れた訳ではなく、単に、「真剣に、介護をしていなかった!」って事なのかも・・・。

介護は、ただの言い訳で・・・。

と、福ちゃんの、一方的な、とても個人的な、見解なんだけれど、「介護に疲れて不倫」が不可能な福ちゃんは、「小室さん」になれない悔しさから、そんな事を思っている。

とは言え、介護していて、ウキウキ出来れば、介護されている側(この場合、お猿)にとっても、「あ~ぁぁぁ、福ちゃん・・・」「今日は、優しい!」「介護されて、幸せぇ」と、喜べるに違い無い。

「小室さん」みたいに、自分の嫁の介護で、嫁の代わりを求め、不倫をするって事は、福ちゃんの場合、親の介護で、親の代わりとなる誰かと、不倫に価する「愛」を求めるって事なんだろうなぁ。

まじ、脳の壊れたお猿は、福ちゃんにとって、母親ではなく、「小室さん」の言う、「大人の女性」でもなく、ハハハ、ただのペット!

アハハハハハハハ。

お猿のケアをしながら、福ちゃんは、「介護なんて、そこまで割り切らないと、出来ないよなぁ」と思う。

正直、福ちゃんは、お猿に対して、感謝なんて、全く無い!

でも、家族だから、家族の誰かが、面倒見なきゃあって気持ちと、「まあ、やりたくないって訳ではないし・・・」な仕事的感覚だけで、この3年間、お猿のケアを続けて来た。

プラス、ケアをしている福ちゃんが、お猿のケアを怠れば、全て、福ちゃんに戻って来る。

それが嫌だから、福ちゃんは、お猿のケアを、福ちゃん自身をケアする位の気持ちでやっている。

親孝行とか、深い愛情とか、お猿に感謝とか、そんな気持ちは一切ないなぁ。

そんな「心の距離」があるからこそ、在宅で、お猿のケアが継続出来るのだろうなぁぁぁとも思う。

「小室さん」は、介護の大変さが分かったみたいなコメントしてたけど、福ちゃんから言わせたら、「そうなの?」って感じ。

介護とは、逃げるものではなく、また、避けるものでもなく、常に、「向き合うもの」だと、福ちゃんは考えている。

自分の人生で、プラスとなる経験だと信じ、向き合うもの。

そう思えなければ、自分で介護なんて、無理なんでないの?とも思うし。

よく、「独りで介護なんて、出来ない」と言うけれど、現に、やっている人も沢山いるし、しかも、辛いだけの介護でもないし。

「介護している人にも、介護(心のケア等)が必要」と言うけれど、そんな事を期待していれば、介護なんて、多分、出来ないし。

ある意味、介護をしている人が、自分で、「ニーズアセスメント」を行い、それを元に、情報を得て、行政や、関係する組織に出向き、動かなければ、誰も動いてはくれない。

自分で介護をするのであれば、自分の責任として動ける行動力と、煮詰まらない為の情報を得る力は必要なんだろうなぁと思う。

人任せでは、無理!って思うなぁ。

愛が深いから、必ずしも、介護が出来る訳ではなく、介護する側と、介護される側の、「適度な距離」は、とても大切だと思える。客観的に見れる力とか。

また、何が起きても、どんな気持ちになっても、直ぐに、流せるとか、手放せるって事も大切なんだろうし。柔軟性も、大切だなぁと思えるし。怒りも、怒りとして、自分で受け入れられたり、怒鳴る事も、必要な事だと思えたり、また、こだわりも少ない方がベストだと思うし。

と、「介護に疲れ不倫」な「小室さん」から、久々に、「介護って・・・」と思った福ちゃん。

お猿の部屋で、TVを観ながら、「な~んか、言い訳じゃないの?」「甘いよ!」「介護のせいにするな!」と、独りで騒ぐ福ちゃんに、「小学4年生のドリル」も出来ないお猿は、「うん、うん」と頷いていた。

そんなお猿は、「雪の影響があるかも?」って事で、施設からの提案により、今週は、宇宙の旅4連泊!

同時に、福ちゃんの「大型連休!」となる。

「仕方ないなぁ」と言うお猿に対し、「アハハハハハハハ!」と、福ちゃんは、笑いが止まらない。
福ちゃん
Posted by福ちゃん